スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

鮫島くんと笹原くん

評価:
腰乃
ソフトライン 東京漫画社
¥ 660
(2011-03-20)


あけましておめでとうございます。
(かなり遅くてすみません;;)
今年もこんな感じのブログですが、どうぞ宜しくお願い致します!


さて。
「このBLがやばい2012」、見事1位ということで。
びっくりでした!確かによかったけど、大御所さんの漫画もたくさん出てるので、まさか1位になるとはー!おめでとうございます!!
いつかレビューしようと思いつつ購入から半年以上経ってしまいました(笑)

これ、去年買った本(といっても少ないけど)の中でもかなりのアタリでした!
ゆるやかに少しずつ、でも確実に変わっていく2人の生活と関係に、萌えて燃えてゴロンゴロンしました。

鮫島くん(攻)がひたすらにかわいいです。
潔癖症なのにいきなり笹原くんの足を舐めちゃうところとか、ドツボ。
愛情表現が下手くそで力んで空回ってとんでもない方向に暴走しちゃうところとか、最高。
鮫島くんのヘタレ具合が超絶かわいいです。
頭の中ぐっちゃぐちゃになって笹原くんに突撃→こわくなって逃避→表では平静を装う→笹原くんにすべて見抜かれる→また混乱して暴走→こわくなって逃避…
っていう繰り返し(笑)ヘタレすぎる(笑)
でも平静を装っておきながらも裏では笹原くんが抱いてた枕の匂いをこっそり嗅いだり、バレンタインにもらったポッキーを一本一本大事に食べてたり、貸してもらったノートの匂いをこっそり嗅いだり…はたまた、誰もいないところでこっそり変な喜びの舞を踊っちゃったり…
そんな鮫島くんが愛おしい。
(鮫島くんの内心を表す鮫のキャラが時々登場するんですが、それもまたかわいい)

そして、笹原くん(受)もまた素敵。
彼は彼で、居心地の良い友達だった鮫島くんに突然告白されて戸惑っているんですよねー。
あわよくば無かったことにしちゃいたかったりもして。(あるあるですね)
でも鮫島くんの必死具合に彼も鮫島くんと向き合う決心が着いて、少しずつ自分と鮫島くんの距離感を探っていくわけです。
まぁここで鮫島くんが度々逃げ出したり拒絶したりし始めて、笹原くんがキレるわけですが(笑)
笹原くんは素直でサバサバしてて、かっこいいですね。笹原くんだから鮫島くんとこうなれたんだろうなぁと。
バランスがとても良い2人ですね!

同じコンビニでバイトしてる同級生っていうのも萌え。
読んでると、こういうの普通にありそうなんですよねー。何か、身近に感じさせるところがすごい。
コンビニの店長とか、2人の友達とか、家族とか、ちょこちょこ間に入ってくる人たちも良いアクセントになってます。微笑ましい。
この2人のこんな日常をいつまでも覗いていたい。
切実にこのコンビニでバイトしたいです(^q^)

表紙カバー取ったところの漫画とか、表紙裏の鮫島くんのヘタレ独白とか、細かいところまで面白さと萌えが詰まった漫画だと思います!
オススメ!

☆-1の理由:
ストーリーにはあまり不満もないがエロの描き方が少し苦手。
喘ぎ声とか擬音がページを埋め尽くす描き方があまり好きではない個人的に…
あとは、「抱く」「抱かれる」だけじゃなくてもっと心理的なことにも焦点を当ててほしかったなと思ったのみ。

でも概ね満足!!!それ以外は最高でした!!!

スポンサーサイト